Home » nocategory » 脱毛で肌を傷めないための日焼け止めの使い方

脱毛で肌を傷めないための日焼け止めの使い方

家でムダ毛を処理するときに家庭用脱毛器や除毛クリームを使う人は、日焼け止めの使い方に配慮が必要になります。無意識に使っていると肌にダメージを与えて、シミができてしまうことも考えられるためです。

UVカットに重要な役割を果たす成分が家庭用脱毛器の光と反応して、あまり効果が見られず何度も使わなければならなくなったり、除毛クリームを使った後に日焼け止めを塗るとしみて痛みだすことがあります。

日焼けをしてしまうとメラニン色素に反応するタイプの家庭用脱毛器は使えなくなってしまうため、日ごろから日焼けしないように注意するでしょう。でも、ムダ毛処理を行う当日は使わない方が無難です。

肌が施術できる状態か素人では判断が難しいですが、熊本の脱毛サロンのエステティシャンであれば知識や技術を積み重ねているため、どこまでの日焼けなら施術ができるなどの見極めてくれるので、肌荒れの心配をする必要がありません。サロンで受けるときも、お手入れか所には日焼け止めを施術当日は使わないように注意を促しているところも多くなっています。体質によっては、過敏に反応してしまうことがあるためです。

手軽にサロンで脱毛してもらうためには、日ごろから乾燥肌と日焼けに注意が必要で、保湿や日焼け止めのケアは施術しない日に入念に行って肌の状態を維持して、施術前のムダ毛のシェービングも肌が赤くなりやすい人は、当日では無く前日に済ませておいた方がダメージの軽減ができます。施術後のケア方法も、プロからアドバイスをもらって実践しましょう。